Menu
ホーム > ホームライフサポート > プロパンガス:ガスメーター復帰方法

ガスメーターの復帰方法

ご家庭のLPガスメーターは計量器としての機能だけではなく、内蔵のマイクロコンピュータがガスの使用状況を常に監視し、危険と判断した時はガスを遮断したり、警告を表示する機能もあります。

ガスが止まった時は次の手順で復帰させてください。

(1)初期動作
ガス栓や器具栓が全て閉まっているかを確認し、ガスの使用を中止してください。

(2)復帰操作
メーターの前面左側の復帰ボタン(黒い部分)を押し、赤いランプの点灯を確認後指を離してください。

(3)復帰動作中
約1~2分お待ちください。メーター前面の液晶表示と赤いランプが点滅して配管の異常をチェックします。

(4)復帰完了
点滅していた液晶表示と赤いランプの点滅が止まったらガスが使用できます。(画像は復帰完了後です)

※万が一、上記のガスメーター復帰動作中(液晶表示・赤ランプ点滅中)にガスを使用すると、ガスメーターに内蔵されているマイコンが何らかの異常と判断して再びガスを止めてしまいますので、(4)の状態になるまでお待ちください。

地震発生時の対処法

火を全て消し、ガス栓、器具栓を閉めてください。また、揺れが大きかった場合には、揺れが収まったら戸外の容器バルブも閉めてください。ガスを使用中にメーターが震度5以上の揺れを感知するとガスを自動的に閉止します。その際は、下記のような表示になりますので、上記のガスメーターの復帰手順を参考に復帰させてください。ガス配管に異常がなければ再びガスを使用できます。

ガスメーターの機能と警告表示

感震遮断機能

ガスを使用中、または使用後間もない時に、ガスメーターが震度5以上の揺れを感知すると、ガスを自動的に遮断します。比較的強い地震が発生した場合や風が非常に強い時は、警告表示と共にガスの供給を停止します。
「B」、「C」、「ガス止」の表示と赤いランプの点滅でお知らせします。

長時間使用遮断

コンロの消し忘れやお湯の止め忘れ等、長時間ガスを使用し続けた場合に、ガスを自動的に遮断します。ガスの消費量によって遮断する時間は異なりますが、コンロで約2~4時間、お湯で約30~60分が目安です。
「A」、「C」、「ガス止」の表示と赤いランプの点滅でお知らせします。

合計流量遮断・増加流量遮断

ガスメーターが常時認識しているガスの消費量と比較して、非常に多いガスを一度に使用すると、ガスを自動的に遮断します。夏場は使わない給湯器を冬になって急に使い始めると、ガスメーターが消費量の少ない夏場の数値と比較して「多すぎる」と判断してしまいます。また、復帰動作中(ガスメーターによる安全確認中)にガスが流れた場合も、この表示でメーター遮断します。
「C」、「ガス止」の表示と赤いランプの点滅でお知らせします。

※他にも、多くの安全機能がガスメーターには内蔵されており、使用される方の安心と安全を見守っています。